思わぬ形で有名人に!有名になったら注意したいこと

動画配信で人気が出た

有名人になるには、昔であればオーディションなどに通って下積みを経験した後にテレビに出て売れるというのがセオリーのようなものでしたが、今はインターネット上で一般人が急に有名になることがあります。中でも動画を生で配信できるようなサービスが次々と誕生しており、各個人が注目を集めようと頑張っています。その中でも、一芸に秀でていたり会話が面白いなどの特徴がある場合は視聴者に支持されて瞬く間に有名人になります。

言動に注意する必要がある

これはテレビで活躍する芸能人も一緒ですが、有名になったからには言動に注意する必要があります。元々過激な言動で人気を集めてきた場合はそのスタンスを崩す必要はありませんが、そうでない場合は自分勝手な発言を止めるべきです。なぜなら、有名人の言動は何かと注目を浴びやすいので悪気がなくても変な解釈をされる場合があります。一度ネガティブな情報が広まるとせっかく人気になったのに評価が下がることになるのでもったいないです。

プライバシーを保護する

有名人になると、多かれ少なかれファンが誕生します。そのファンは生い立ちを知りたがるので、出身学校や生年月日などを必死に調べようとします。最初から公開している場合は別として、公開したくないのに情報が漏れることがあります。自分だけの秘密が出るだけであれば不幸中の幸いですが、友人との写真や恋人に関する情報まで漏れると交友関係に亀裂が生じる可能性があります。なので写真を公開しなかったり偽名で活動するなど、プライバシー保護の努力が必要です。

山本英俊は、大手パチンコ機器卸売会社の代表取締役です。日本の老舗特撮映像会社を連結子会社とし、取締役会長になっています。