BCP対策って何?手術を行う病院には何がある?

BCP対策は事業継続計画と言った意味がありますが

BCP対策と言う言葉を耳にしたり、目にした事がある人は多いのではないでしょうか。BCP対策は災害や不祥事、テロ事件などにより事業が継続出来なくなってしまった場合の事業を継続させるための計画を作り出す事です。簡単に言えば、自然災害が起きても通常業務にいち早く戻し、損失を最小限に抑えるための対策がBCP対策になります。大きな地震が各地で起きているなどの理由からも意識を持つ企業も多くなっており、BCP対策の提案をビジネスにする企業も増えていますね。

緊急時の電源確保は命を繋いでくれます

病院でもBCP対策は必須と言えましょう。例えば、外科手術を行う病院の場合、急な停電が起きてしまうと手術を続行させる事は難しくなります。特に、最近の医療現場では色々な医療機器を利用していますよね。医療機器は電気を供給する設備ですから電源がオフになると手術が出来なくなるわけです。病院の中では緊急時の電源確保が行われているため、仮に停電になった時でも手術を続行させる、そして患者さんの命が繋がると言う対策を行っているのです。

情報システムの被害を最小限に抑える

会社の中での業務はパソコンが必須の時代ですよね。パソコンは単独で動いているわけではなく、社内のネットワークやサーバーなどに接続を行って業務の効率化を図っています。大きな地震が起きた時など、情報システムが壊滅的な被害を受ける、そして業務が続行出来なくなる可能性もあります。BCP対策として情報システムに与えられる影響には何があるのかを洗い出す事、バックアップシステムの切り替え、復旧のための優先順位などを決めておかなければなりません。

BCP対策とは、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法などを取り決めておく計画のことです。